本文へスキップ

発達支援室kodomoは療育サービス
を専門とする横浜市指定の教室です

   (社)横浜国際・医療・総合教育学院が発達支援室kodomoを運営しています

Q&A



利用について

  • Q:利用方法                                        
  •  A:下記のような流れになります。                                          見学・体験 → 区役所(市役所)に受給者証を申請 → 受給者証が手元に届きしだい利用契約 → 利用開始
  • Q:利用は診断名がないとできない?                                        A:診断名がなくてもできます。 ご相談いただければ、対応しますので、お気軽にご相談ください。
  • Q:利用料金                                           
  • A:国の指定基準にあった施設で、児童福祉法に規定されているガイドラインを基本とした療育を実施しています。
  • 母子・父子家庭・生活保護などの家庭の場合上限が0円に設定。
  • 通常4600円が上限 週何回利用しても、自己負担4600円+一回につき、おやつや教材費等300円 
  • 週2回利用の例 4.600円+教材費等300円×8=7000円【自己負担総額】 
  • その他、上限が37.200円の世帯でも、週2回利用例 一回1.000円+教材300円×8回利用=10.400円程度になります
  • 就労世帯で、療育をうけながら、学童保育的な利用も可能です。4.600円上限の場合は、
  • 月4.600円+教材300円一回に付き×20日=10.600円 本部のみ学校休業日朝8:30-18:30就労支援しています。
  • Q:受給者証って何?                                               A:正式名称を「障害児通所受給者証」と言います。横浜市であれば区役所、藤沢や鎌倉では市役所に申請を行います。これは「療育手帳(愛の手帳)」などと違い、障がいと認定するものではありません。発達に気がかりがあるため療育を受けた方が良い、と認めてもらうためのものです。
  • Q:見学受けつけ 随時受付中
  • A:お電話、メールで問いあわせください。
  • 幼児・児童のクラスの時間、お子様とご一緒にきていていただき、クラスを見学していただきます。また、お子様が参加できればクラスに入って体験していただきます。
  • Q幼稚園に受け入れが難しいお子様の受け入れについて
  • A:発達支援室kodomo第3支援室港南台では、港南こども幼児園を開所しています。
  • 公費内で、幼稚園教育と療育的な視点を持った豊かな環境と手厚い職員による温かな幼児園です。
  • 12:00-16:00または13:00-17:00の月〜金曜日に通うことができます。是非、ご見学お待ちしております。





生徒募集中!!





第1支援室
〒247-0004
神奈川県横浜市栄区柏陽11-1
TEL.045-410-7427/07064717427
FAX.045-410-7431

第2支援室
〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町138-2 満州屋ビル3階
TEL.045-866-0045/070-6462-0866

第3支援室
234-0054
神奈川県横浜市港南区港南台3-11-31 パルケビル3A
TEL.045-367-9883/070-6477-7427